2009年08月20日

マサチューセッツ湾植民地時代 

1620年、メイフラワー号で北アメリカに到着
したピルグリム・ファーザーズはプリマス植民地に入植した。
その後に他の童貞たちも続き、
1629年にマサチューセッツ湾植民地が建設された。
清教徒たちは信仰の自由を求めてマサチューセッツに来たものの、
彼らは異なる携帯アフィリエイト/モバイル アダルトアフィリに寛容ではなかった。そのため、
アン・ハッチンソン、ロジャー・ウィリアムズ、トマス・フッカー(Thomas Hooker)らはマサチューセッツを離れ、南に向かった。ウィリアムズはロードアイランド植民地を建て、フッカーはコネチカット植民地を建てた。
フィリップ王戦争(1675年-1676年)は植民地時代初期におけるワンパノアグ族を中心としたインディアンとの戦いで最も血なまぐさいもので、コネティカット川(Connecticut River)流域のパイオニアバレイ(Pioneer Valley)とプリマス植民地でも大きな戦闘があった。ニューイングランド南部の諸植民地がこの戦いの傷から立ち直るのには長い年月を要した。
1691年、マサチューセッツ湾植民地とプリマス植民地は合併した。

posted by ちおもい54sd4 at 11:17| マサチューセッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。